相葉 キョウコさんとは?

恋するランジェリーの作者、相葉 キョウコさんは静岡県の出身で現在は東京に住んでいます。

相葉 キョウコさんは恋するランジェリーのランジェリー部門に異動になった恵とオネエ口調の上司の濃厚な話からは想像できませんがBL系の作品が主に活動しています。

 

 

デビュー作は「君には言えない俺の悩み」でEDに悩む大学生の裕と相談にのる幼なじみの慎の話です。他にも、サラリーマン幹也と鬼のようなイケメン上司の「やらしくてイジワル。」や友人の忍と酔った勢いで関係を持ってしまう「責任とらせて!」等があります。

 

 

様々なシチュエーションを得意としていて「年下彼氏に迫られてます。」は駅の王子様と呼ばれる駅員とのストーリーです。

 

 

「歯医者なんてキライだ!」は大学生守屋と歯科医の原とのストーリーです。相葉 キョウコさんはBL系が主ですが女性も綺麗に描く為、恋するランジェリーのような女性が主人公の作品もあります。

 

 

「恋は任侠」は実家の稼業が極道であることを彼氏に内緒にしている琴乃が主人公です。相葉 キョウコさんは初のTL系でしたが人気のある作品です。絵の美しさに定評がありBL系もTL系も描く事ができる作者は珍しくどちらにも多くのファンがいます。